いちばんぼしはきみ

推しとか仕事とか

すっかり塞いだ傷もなめてほしいんだ

細々きてくださってる方がいるんですね。こんな半分死にかけのようなオタクのとりとめのないブログに…ありがとうございます。
下書きにRejet Fes.の感想下書きが眠ったままなんですけど今回は違う話題です。今度あげると思います…?(?)
全然そういうのと関係ない話です。



唐突なんですけど、わたし推しさんのオタクだなと思う瞬間って推しさんのことをとやかく言われて怒ってる瞬間なんですよね。

推しさんは誤解されやすい人間で、不器用で、見てて危なっかしくてはらはらするけど、それはわたしは肉眼で見てきて、推しさんの肉声で発せられるものを受け止めてきた結果の評です。
これはそれぞれあると思うし、別にほかの人がどんな感想を抱こうといいんです。


ただ、それを肉眼で、肉声で受け止めたことのない推しさんのオタクを名乗る人が推しさんをごちゃごちゃ言うのがすごくすごく苦手です。苦手とかいうしゃらくさいオブラートはこの際ひっぺがすと嫌いです。


現場行かねえとオタクって言っちゃダメなのかよって言われると思うけど若手俳優とかならともかく、声豚によってはその限りではないと思ってはいます。円盤、ひいては作品関連商品を購入するって声優さんのお仕事においてとても大事ですし。
全然とても立派だと思います。わたしは全てをおいきることを諦めてしまったので。それは置いておいて。


だから別に現場行かなくたって推しさんのオタクではあれるとおもう。
今どき媒体は様々なので推しさんの言動、思想、姿勢に触れることは現場に行かなくたって叶うわけです。

ただ、絶対に、現場じゃないと伝わらない熱ってあるんですよ。
絶対に、現場で、自分の感性で受け取るものってあるんです。わたしはそれを大事にしたいから現場に足を運んでいます。
推しさんの演技、姿勢に変なバイアスをかけたくないから。誰かの口の端にのぼった推しさんはもうそのままの推しさんではない。それはその「誰か」を介在した推しさんになってしまう。大げさに言うと変質してしまうとすら思っています。


それが普通に雑誌のレポートとかならいいんですけど、今どきそんな雑誌のレポートよりもSNSで載せられるレポートの方が断然手軽で早いんですよね。
ほんっと何回でもいうけどそれが悪いって訳ではない。
ただ、自分の目で、自分の耳で、自分の感性で推しさんを拾ってない人、拾おうとしていない人にとやかく言われる筋合いはないって思ってしまう。


それは本当にあなたの目で見たものですか。
それは本当にあなたの耳で聞いたものですか。
それは本当にあなたの感性で受け止めたものですか。


そうじゃないなら、「好き」「ファン」「オタク」を大義名分にして推しさんのことに変な風に触れるのはやめてほしいって思ってしまう。


オタクだから好きだから、何を言ってもいい訳じゃない。
苦言を呈するのはわかる。ただ、自分が見てもいないものをあたかもその場にいたかのように語られることが大嫌いです。草を生やして軽々しく叩かれる謗りが大嫌いです。


知ったかぶることになんの意味があるのかわからない。推しさんに関してはとてもとても狭量になるから嫌ですね。だからわたしはこの人のオタクなんだな~~って実感するんですけど。


思うところもたくさんあるし(わりとこのブログにも書いてしまっているんですけど)、ハラハラすることだってたくさんあるけどわたしはやっぱり推しさんが好きだし、推しさんが推しです。
推しさんのいいところも悪いところ(何様だっていう話ですが)もたくさん見てきてるんです。それでも推してるんです。


好きを盾にした謗りはある意味アンチよりもタチが悪いなと思う時があります。
何言ってもいいわけじゃない。言論の自由と言ってしまえばそれまでですけど推しさんだって人間だしなーと思うわけです。言論の自由じゃんて反論されたらわたしがこれを書くことだって言論の自由だと思うから書いてるわけだし。


あとまじで推しさんにお金を落としていない人がファンと名乗るのは自由ですが、ファンであると名乗ることは推しさんが口にする米粒ひとつにだってなりはしないから、そういうひとが口の端にのせる謗りは虫唾が走るくらい嫌い。

わたしも昔はそういう立場の端くれにいた身だからこれは確信を持って言えることです。
会いたいとか好きだっていう言葉は何にもならないんですよ。その好きだとかいう感情をオタクが示せるものってSNSで声高に愛を叫ぶことより、円盤を買うことや、雑誌のアンケートを出すこと、現場に足を運ぶことなんですよね。
もちろんそれができない環境もあると思いますが、それに甘んじていわゆる在宅をして推しさんを貶すのは本当に意味がわからない、死ぬほど嫌いです。理解ができない。



ここまで書いて何が言いたかったかわからなくなってきましたけど、結局わたしは推しさんが好きなんだなあと思います。


感情の昂るままに書いているのでいつも以上に支離滅裂だなあ……落ち着いたら消します……。