いちばんぼしはきみ

推しとか仕事とか

一人、覇道を歩む。

世界で一番自慢の推しだな~~っていうお花畑テンションでだーっと東京楽感想。ネタバレ配慮なしだしレポじゃないです、感想です。
あと時系列とかぐしゃぐしゃの箇条書きに近い散文です。行ったけど感想書いてない日とかあるので総括は次の記事にでも。






数珠坊と光秀を相手にしてるとき、切り払って後ろに飛ぶのめちゃくちゃかっこいい~~そういや全然殺陣にふれてないなとおもったけどあまりにも当たり前にかっこよくて触れてなかっただけです。めちゃくちゃかっこいいよ~~雑兵相手にしてる時の力強く薙ぎ払う感じが一番好き!重心がぶれずにガンッて薙ぎ払うの…織田信長だ…ってなる。当たり前なんですけど。でもめちゃくちゃかっこいいの、敵を見据えて斬り捨てていく…かっこいい…
しかし信長様ほぼ瞬きをしない。相手を見据えて、眼力で圧倒する…すごいんだ、織田信長なの。カラコンもしてて乾くだろうにあれだけ目を見開いたまま目線をゴリゴリ動かして…ううんんん推しさん最高(語彙の死)


光秀が信長様が「光秀の抱く完全無欠の信長様像」通りの振る舞いをしたとき目をキラキラさせてどうだ信長様すごいでしょ!って顔するのが無理、本当に可愛い。盲信であろうとなんであろうと可愛いんだ…その狂気的な盲信がああやって複雑な愛憎模様になると思うと胸に来るものはあれど。
あとあの~~「上杉の謙ちゃんも大層手こずったそうだ」「あの上杉の謙ちゃんも……!…………謙ちゃん?」からの信長様の扇で光秀のおでこぺしーん!好きすぎて無理なんだけど。すごい可愛い、上杉の謙ちゃんていう信長様がまずかわいい(1hit)その勢いのまま上杉の謙ちゃんていう光秀がかわいい(2hit)んで信長様いま謙ちゃんって言った!?みたいな顔して信長様見上げる光秀がかわいい(3hit)んってなって誤魔化すために光秀のおでこを扇でぺしーん!ってする信長様かわいい(4hit)いた!?ってなって血出てないよね!?!って何回もおでこ抑えて手を見る光秀かわいい(5hit)って感じです。あ~~~~~めちゃくちゃかわいい嘘でしょ……なに……かわいい……気まずそうに誤魔化しておでこぺしーんてする信長様……うっ……光秀顔が可愛い…


光秀は最初、孫一の身柄を預かるって信長様が言った時点でえ?って目を見開いていて、そのあといい目をしているって信長が孫一に言ったところで呆然としてるのがつらい…。あと孫一に銃を向けられても抵抗しなかったところ。孫一がなんで弾切れってわかった!って吠えた時、それに対して信長様がさあな。ここで死んだらそこまでの男だったということよ。って返したその時本当に見てて辛いくらい絶望的な表情をする。
光秀は信長が誰も見てない、誰も信じない人だと思ってたからああやって孫一に揺らされる信長が許せなかったってのは、まず前提として、信長の感情を自分が揺らせないことの不甲斐なさがあったのかな。大事な人を失ってから誰も信長様は揺るがすことが出来ない、って思っていて、昂らせるのは自分であればいいと思っていただろうけれどそれが無理だった、なのに孫一にできた。隣でずっと見ていた自分じゃなくて!っていう感情は少なからずあったのでは。
でも実際は違ったんだよ~~想像だけど。謀反を起こした光秀と対峙した信長の第一声は「まやかしにでもかかったか、光秀」なの…まやかしにかかりでもしないと自分のことは裏切らないと思ってるってことだよ…。
あと何回でも言うけど「俺の隣で尚、自分だけの天を見ていればよかった」のくだり…あと、最期、あの凄絶な状況で「光秀に、怒られるな」って少し笑って言うんだよ……あーもう、そのとき信長様はなんて光秀に怒られると思ってああやって笑ったんだろう。来るの早いですよ、かなあ。
信長様にとって、ライバル、共に並び立って戦う相手は孫一だったかもしれないけど後ろを任せてついてくることを信じられるのは光秀だったんだよ~~~あああ……また泣ける
光秀が最期、信長様、って笑って言うのはそういうのを気づいたんじゃないのかな…それでもなお斬りかかったのはけじめなのかな……もうだめだまた泣いてる。あの主従好きすぎてダメ
あとめちゃくちゃ気持ち悪いなって自分でも思うんですけど最後決めポーズとるときに信長様と光秀シンメなの!!!!!たまたまかなあ!?!!!!そこでも毎回泣いてた


マチネカテコは一向宗が降伏だってとこのダンスを踊って踊ってー!ってせがまれて最初踊らずに興味深そうに周りを見る信長様だったのに、もう信長様がしめてもしめても音楽もダンスも止まんないからやけくそで乗っかってひとりで踊り続けてたのめちゃくちゃ笑ったwwそのあと顔赤くして後悔しかないよぉって小さい声で呟いた推しさんのそういう不器用なところがとてもすきです。ど前で見れて幸せでした!
なのに東京楽であるソワレは本当に真面目に織田信長として生きたあのひととして話していて思わずぼたぼた泣いていました。このひとの、そういう真っ直ぐなところ、全身で役と、舞台と向かい合うところが一番すきなところです。本当に推しててよかったなあって幸せになりました!天を取れたと、信じている。って信長様のままあんな真っ直ぐに言われて泣かないわけない…ずっと泣いてた…もう本当に本当に推せて幸せだ~~~ありがとうございます…。

地べたに這いつくばっても天を見ろってひとに諭して満足げに笑う信長様かっこよすぎて憎い…。信長の凄絶な最期を見て、不如帰が美しい…って呟くのがとてもとても印象に残っています。


はーーー本当に本当に推しさんが推せて幸せ!ありがとうございます!
ろろアリも最高だったし推しさんがだいすき!

次の記事にさらっと総括書こうかなあ。すごい散文だこの記事。


とってもとっても自慢の推しで、やっぱり人生最後の推しだなって改めて思いました。


感想とかはあとで。

若手声優応援スタンス

 

自分て推しさんのことどんな感じで好きなんだろーってのがよくわかっていないので改めて文字にしてみようかなと思いました。

応援スタンス~声優と少しの2次元編 - 日々雑感

というわけでこちらの若手声優応援スタンスをお借りしてやってみようかなと。

 

●基本情報

・20代社会人

・都内住み

・お仕事の時間制約がゆるめ。ただしわりと激務よりの仕事。タスクこなしてれば時間どう使おうと問題ないけど仕事量すごい、みたいなオタクしやすいのかしにくいのかわからない職場

・髪色ネイルピアス服装メイク全部自由な職場なので助かっています

・メンタルがよわめ

・体もよわめ

 

推し

二次元アイドル戦国時代で忙しそうなあのひと

 

●好きになる基準

・歌が上手いかどうか。歌が上手くないとあんまり好きになれない…

・中音〜低音が好き。元々は諏訪部さん、遊佐さんとかのお声が好き。艶っぽいお声が好き。

・不器用な人。手先ではなく生き方?少し泥臭いような真っ直ぐな人。

・その時こなすべき仕事に真摯であり、絶対に全うして下さることを信頼できる人。

これ好きになる基準ていうか、推せるかどうかの基準ですね。好きってなるともっと幅広いかな。柔らかい歌声の人が好きなので、純粋な好みでいうと某81事務所のあざとい人とかがストレートに好みです。ただわたしの中で好きと推しは別枠なので……推しは絶対的に好きというか引力をもった人。応援したい人。

 

●雑誌を買う基準

内容です。内容って一言で言うと当たり前だなこれ。プライベート寄りの質問が多そうな時はあんまり?かな?

作品についてとても真っ直ぐ語ってらっしゃっているものはわりと手に取る傾向にあると思います。写真が盛れてる盛れてないもまあ少しくらい見ますがそれより内容の熱さのが大事だと思います。どんなことを考えてその時役に向き合っていて、あの場面はどんなことを感じていたのか〜みたいなことを知りたい派。

プライベートわりとあんまり興味無いです。推しさんが楽しく生きれてたらいい。

 

●映像を買う基準

アニメ円盤はめちゃくちゃ申し訳ないなと思いつつイベチケの先行がついてるものを優先的に集めつつ、コンテンツ的に続いてほしいなーって思うものを手元に揃えたりです。財布に限りがなければ全部集めるんですけど、無理良くないなーって思うので…まあこんなことしてるから声豚迫害されるのかなー。お金落とさないよりはかな、って思って無理のない程度に集めてます。

イベント円盤、またはこう、本人映像円盤的なものはライブ映像なら買ってる感じです。本人映像的なものはこう、そんなに……いやまあ人狼とかは買いましたけどライブ映像とかのが好き。

 

●現場に行く基準、遠征に行く基準

行きたいものはどこでもなんでも行きます。北海道でも福岡でも。一人遠征も平気なのでさらーっと行きます。現場に行く基準~~~は前は現場ガッツだったのでほぼ全部行ってました。けど激務とあいまって体とメンタル壊したので最近はその仕事をしている推しさんを見たいかどうかを基準に半分くらい行ってます。まあジャンルとか内容による?のかな

あとなんか去年の年末から年始にかけての幕張ラッシュ嫌すぎて発狂して何本か蹴りました。幕張めちゃくちゃ嫌い……つらい……

 

●グッズ、写真を買う基準

2次元の推しならゆるっと満足するくらい集めます。3次元の推しさんは別に…舞台もブロマイド買いましたが缶バッジとかミラーとかどうしよう…わたしは使わないし見返さないしよくわからないのであんまり買わないほうです。

書いてて思うけどほんと推しさんの声の仕事が好きなんだな

買う基準…王ジャンとかも一応買います。なんというかやっぱり運営側から見たらひとつの指針ではあるだろうなと思うので買う感じ。

 

●プレゼント/手紙について

ほぼ書かないです。今はさすがに舞台かー感想…生物だし…って思いますがそういうイレギュラーなことが発生しない限り書かないです。

語彙力がないのであんまり推しさんに適切な言葉で何かを伝えられない。

あと推しさんにとって顔のないオタクでいたいのであんまりです。

 

●普段の行動

何もしないです。Twitterもオープンアカウントすらないです。このブログしかないな…何もしない…。とりあえずCDとか円盤とかゆるっと買いつつ普段はキャラオタ的側面が強いかも?と言いつつ推しさんはわりとイベント頻度が高い方なので週1〜2でイベント行ってたりします。

 

●同担

えーと苦手です。応援スタンスがあわないとか、推しさんに対する解釈が合わないとかになるととても面倒なので積極的に同担さんのお友達を作ろうとは思わないです。あと好きって口だけの人が苦手。その好きは推しさんが口にする米粒一つにだってならないから。現場に行くことが偉いと思ってるわけではなく、その、「コンテンツにお金を使う」ことをしていれば何も思わないんですけどCDも買わない、円盤も買わない、イベントも行かない、みたいな人は苦手なので…それで愛はあります!っていわれても何言ってるの?って思ってしまう。別にそれ自体否定するわけじゃないけど相容れないと思う。

 

ただそのへんクリアしてれば別に気にしないような気もしますがどうやってそんな人探すの?みたいな問題になるので結局同担さんのお友達がゼロのままです。他担さんとか

あとリア恋さんとか厄介さんとか苦手なので…ここまで読んでくださった方はわかると思いますがひたすら壁打ちオタク活動なのでそういう方の熱量に負けて疲れてしまう

 

●まとめ

推しさんの仕事が大好きな壁打ちオタクって感じです。本当に認知されたいわけでもなく、何もなく、ただ推しさんの仕事とその仕事にまつわる彼の発する言葉を見てたいだけなオタクです。

推しさんのことは多分自分が思ってるよりめちゃくちゃ好きです。 だからそれに関しては意地があるかも。現場の数が少ない!やだ!ではなく真摯にお仕事に取り組む推しさんの姿が見れない!ってのが嫌。それもあって現場ガッツでした。

 とりあえず推しさんのお仕事をしている姿がすきです。推しさんのお仕事がすき。

そんなただのオタクです。

 

アーマ次回も楽しみだなあ。

 

 

 

錆色のアーマにかいめ


アーマ2回目。ガルステでろろアリの抽選会参加したりしてたら遅れかけてあぶな!!ってなった
以下つらつらネタバレありの感想。ほぼ信長の話です。





明智の絶望がさらに深まったのが、孫市と合流した後、剣の威力を増した信長と切り結んだ時なんだろうな。信長と至近距離で相対してどうした光秀!って叫ばれて、あそこでああやって孫市に会って変わってしまったって叫ぶ光秀が辛い。あんなの慟哭だよなあ。不変だと信じた唯一の主君が、ああやって揺らいだ(と光秀に見えている)ところを見せられるのは辛い。

光秀が言うところの「変わった」の象徴的な場面は誰も信じないって光秀に称されていた、その信長が孫市にあの土壇場外せば死ぬってわかっている場面で信じろって叫ばれて、信じるって返すことができたところだと思う。でもあれは孫市じゃなきゃ信長がああやって答えるには足りなかったこともわかる。信長が愛した女と同じ青い瞳にああやって力強く射抜かれた上で信じろ、って言われなきゃ信長はあそこで自分の命を預けるような真似はしなかったはずだし。あーーーーつらい…………光秀は孫市が憎かったかな、やっぱ憎いだろうなあ……あの雑賀衆バラバラにしたのはそういう意味もありますか?殺しやすいってのが一番だろうけど…


でも信長のことを誰も信じないって言っていた光秀だけど、実際のところ信長は情に篤い人だなと思う。光秀はこの手で殺すって決めているところと、光秀の見ている天が時分の模倣、自分に憧れてのものでなくきちんと自分の天を見据えていたらよかった、って吐き出すところ……自分の背中を追い続け、自分と同じものしか見ようとしなかった光秀に対して歯がゆさがあったのかなあ…でもそれって可愛がってた、多少なりとも目をかけていたから思ったんじゃないかなってのはあまりに希望的観測かな。
光秀ってより天に対する思いが言わせたセリフかもしれないからなんとも…天に対する思いからだったら結局沙羅さんと孫市絡みじゃねーか!っていう。
ここまで書いてるから自分でも薄々勘づいてるけど信長と光秀の主従関係めちゃくちゃ好きなんだと思う。


いや~~~前回より泣いた 舞台を回数見たくなる理由はこれだよなあ。アドリブもたくさん~~わたしが入ったのが初日ぶりだからだろうけど演技もとても進化していて、ああーー信長の…顕如に対する憎しみを込めた咆哮とか涙出てしまった。あとは最期のシーン。孫市に答えをせがむシーン何回でも泣いてしまう。気に入った、で信長は自分の人生道半ばなのに、あんなに満足そうな顔するのはずるくないかな。悔しそうにしないんだあの人。いつだって天を見て後悔しないように生きてるんだな、大事な人を失った時から。くそ辛い
あと明智が最後、信長のもとにキラキラした目で駆け寄って言って傅くのダメだよなあ、光秀が見ていた信長がたとえ盲目的な偶像、信長の本意でない姿だったとしてもああやってそばにいてほしかったなって思ってしまう。信長様だいすき!ってわんこにしかみえないしそれに対してふんってする信長様ちょうかわいい~~~~いやもう突然すげえ世俗的な感想になるけどあのふたりめちゃくちゃかわいい~~~しあわせになってほしい(?)


孫市と信長がだんだんお互いを認めていく過程がもう少しほしいのでゆくゆくのメディアミックスに期待します。いや光秀と信長はもちろんです。光秀~~~どんな葛藤を経て変わってしまった信長に絶望したのかそのドロドロしたものを見せて欲しいお願いします。んんーーー光秀かわいい……信長様に無茶振りされてもーしかたないなあ!!ってはしゃぐのめちゃくちゃかわいい、信長様も当然のように光秀が松落としできるの信じてるの可愛い しあわせになってほしい(2回目)(不可能)


まじで信長絡みの感想しかないけど雑賀衆は…鶴さんかっこいい……今日はごまかし声鳩で蛍に鶴なのに!?って言われてたのすごい可愛かった…親子!!かわいい!!!


そんな感じです。次も楽しみ!また増やそうかな!見たくなった!


推しさんのことすごいだいすきなんだな~~って思います。推しさんのお仕事だいすき!

錆色のアーマ

 

見てきました。

めちゃくちゃ良席でどうしたらいいかわかんないなと思ってました。

あとなんか全然関係ない上に自分でもびっくりしてるけどすごい客席になんか飛んできそうな予感がして、飛んできたら当たるなーと思ってたら案の定薙刀の刃部分飛んできてうおってなった。こーいう予感たまに当たる。誰にも当たらなくてほんとに安心した……

 

以下誰も見てないとは思いますがネタバレ。

 

 

 

 

舞台はすごい王道だなー!って感想です。あとめっちゃ2.5!作りが!すげーーーー最後のカテコ見てて頭の中on my way流れてた。たたかいーつーづけるのーはーいきてるーーあーかしなのーーさーーーーテニミュは1st厨でした

 

推しさん憑依させてて今日全然笑わなくてすごい……(こなみ)凄かったです。気迫が。

足の運び方、殺陣、全てが織田信長で。当たり前なんですけどああ織田信長だって一目で理解させるような、そんな体の使い方でした。

死に際、ああやって孫市に答えをせがんで、いい答えだって死んでいった信長はずるいのかなって。孫市は信長を殺したかっただろうし、信長の生き様をまだ見たかっただろうから。

ううんなんつーかでももっと見たかったな。情報を詰め込みすぎて…雑になってしまう部分もどうしてもあったのがもったいない。

光秀の信長への心酔、忠誠をもっと見たかった。光秀は裏切るものだーっていう先入観もあるから(歴史もの?だから仕方ない)こう、信長が光秀にとって自分とは違った完璧な存在で、だからこそ元の主を裏切ってまで信長の元についたその説得力がほしかったなー!!!

この光秀は信長が光秀の思う、自分と同じ人間に成り果ててしまうまで本当に信長に心底忠誠を誓ってたこと。また見に行った時はそのへん注視したい。

光秀は信長のことを光秀なりにとても尊敬して敬愛していたからこそ離反して、雑賀衆は孫市のことを好きで、仲間だって言いきれるからまた集まる対比とかすごい週刊少年ジャンプ

読唇術使えたらあの信長の最期に孫市が伝えた言葉読み取れたのかな…………って気になってる……めちゃくちゃ見たけどわかんなかったし震えながらうっすら笑んで「いい、答えだ。気に入った」って言った信長のその有り様の凄絶さに気を取られて反芻も出来なかった…よわい

 

めちゃくちゃ関係ないけど明智光秀のお方めちゃくちゃ顔が可愛くてめちゃくちゃ見てしまった。めっちゃくちゃかわいい……

あとskymさん。元々好きなお顔でとても綺麗だなと思ってたんですけど案の定とても綺麗でした。二次元の作画してた…。VRだった?すごい綺麗!可愛い!スペクラさんありがとう!

 

でも推しさんが絶対引力でした。いつもと発声がちがう…舞台用の発声ではーーってなりました。太い…

でも録音の方はいつもの推しさんの発声で一度で二度楽しい!

かっこよかったなあ。すごく真摯に役とこの舞台と向き合っている姿を見れることが幸せでした。

現場ガッツしてた結果メンタルも体もそこそこ壊したからいまセーブしてるんですけど、幸いにもあと数回入る予定なのでどう変化してるか楽しみです。信長の纏う圧倒的な存在感は増すのかな、それともただ増すだけではなくてもっと違う形に変化するのかな。たのしみです。

 

人生に疲れちゃって、やっぱり生きてて楽しくないけど推しさんのことはすきで、もう少し推しさんのお仕事をする姿を見ていたいなと思いました。

生きるの難し。

ひとりじめマイヒーローとか星の王子さまとか、その他夏のイベントとかね、チケおさえてるけどその頃にはアーマは終わってるんだなあ。当たり前だけど不思議な気持ちです。

推しさんのことは今年もきっと好きなんだと思う。他のなにを好きになれなくても、嫌いになっても。

それってすごく安心する。

 

Happy Birthday

 

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。

今年も推しさんのお仕事を応援させてもらえたら幸せだなあと思います。

 

というわけで先日生誕イベ行ってきました。梅原さんのオタクの方にお付き合い頂いて申し訳なかったんですけど結果良かったです…あんなに取り乱すと思ってなかった。

なんからんらんホールっていうかよみうりランド自体初めていったんですけどあんな感じなんですね…おだんごがおいしかったです……

行きはお友達のご家族の方に送っていただいて帰りはロープウェーだったんだけど帰りまじでめちゃくちゃ怖すぎて笑った。推しさんが怖い連呼してたのよくわかった。怖すぎだろ…。アトラクション化されてない高いところってただひたすらに怖い。

 

んでイベントなんですけど。昼夜入れました…最初一枚もチケが手元になくて推しさんのオタクやめようかと思った…。もうやめる!って泣いてた。精神状態がここ半年以上ゴミ。周りにはご迷惑おかけしてるし、わたしと3日くらい連絡とれなくなったら死んだかもしれないから名前ググッたみたいな話が笑ったけど笑えなかった。死ぬ勇気もいまのところないです…。ただいつだって死にたい。

 

話戻すけど昼入った時わーこんな感じなんだーって思った。椅子が硬い………。

仕方ないです。本来アシカショーを見るための場所であって…そんな…なんかまあ長丁場には向いてないんだろうなあと思った場所だった。お尻痛すぎて泣くかと思った。

 

始まって、推しさんが呼び込まれて。そのあと呼び込まれたのはアシカっておもしろすぎる…。アシカと握手する推しさん。シュールすぎた…あと馬の被り物かぶったアシカに推しさんが馬の鳴き声してた芸なんだったんだろう、結局夜も失敗したから成功例わかんないんだけど…!そんなことある!?

2番目に呼び込まれたききくんはすごく丁寧で腰の低いいい子なんだなって…ゲスト呼び込んでおいてほぼ推しさんのダイエットの話だった。あの人13kg痩せてから2週間で即14kg太るって逆に何食べてたらそんな太るの!?って思いました。14kg太るのに必要なカロリー凄まじいけど!?

 

そんなのをぽやぽやみてたら謎の推しさんがよみうりランドを一日遊んで回った映像が流れだした。絶叫連れ回される推しさんwwwwあと推しさんが俺見栄でバンジー飛んだもん!って言うのがなんかこの人すごい好きだなって思いました。負けず嫌いだなあって。

もう全然記憶無い。あとパンケーキデザインしてた。作画がよかった!イケメンでした!

 

それが終わったら3人目元気くんですよ!元気くん!元気くんだいすき!

昔から好きなので元気君は推しさんと現場がかぶるとテンションがあがる。話してて面白いしかっこいいし元気くんほんと推せる!!!

 かっちりスーツにヒールで出てきてくれた元気くんにキャー!ってしました…その日一番ときめきました。

あと、元気くんが推しさんがおろおろ会場の様子うつしたモニター見ながら全然ひといない、あ、埋まってきた…とか言ってたって言ってて本当になんかこういうとこが好きだなっていう…変なところ自信がない推しさん好きです。

んでいつもの如く元気くんと仲良しだなーみたいなトーク繰り広げてて、ゲストさんのコーナーは終わって。

ほー次は何かな朗読かなーって思ってたらシンセでてきて驚愕しました。  

シンセ。へっ!?!?てなった。

あれ、弾けたっけ、?って脳内大混乱したしもうそこから出たかった。

そして、再度呼び込まれた推しさんは見たことがないくらい緊張していて、もう駄目でした。

どんなにおっきいステージに立つ推しさんでもあんなに緊張した推しさんを見たことがなかった。声優っていうお仕事は今やすごく幅広いジャンルの仕事をこなすことが要求されていて、その中でもステージでパフォーマンスをすることを要求されがちな推しさんが、作品の名前を背負っていなくて、1000人くらいのキャパのこの場所で、手と声を震わせていたことがもう何よりも網膜に焼き付いています。

 

不器用だけど誠実に向き合う推しさんの姿をきちんと再確認出来て、それを突きつけられたことに混乱した挙句泣いてました。

わたしは、とてもとても勝手なことを言っていうことを承知だし、ただわたしにとってそう見えるっていうだけだっていうのを前置きにして話させて頂くと、推しさんって所謂オタク、ファンとすごく適切に距離を測っている人だと思っています。

そんなあの人が、忙しい合間を縫って練習した弾き語りを披露した後に、ファンに絶対に追い続けてくださいって強く言ったこと。

見つめ続けてくださいって言ったこと。

 

正直舞台って、って不安がすごくあります。何をするんだろう、どうするんだろう、この先どういったことをこの人がしていきたいんだろうって思いました。

でも、この人が何かを考えてこうしてるんだって思うし、その行く末を見させて頂きたいので、きっと今年も推しさんを追うんだろうなあ。

そうだって信じられる推しさんのお仕事に対する姿勢をわたしは推していて、好きなんだなと思います。

 

なんかそんなこと考えたりしてたら死ぬほど疲れて夜の部入りたくないってだだこねてお友達困らせてすみませんでした…夜の部の記憶ほぼないけどとりあえず元気くんがめちゃくちゃきゅんきゅんしてたことは覚えてる。

 

とりあえず本当にお誕生日おめでとうございました。

今年もあなたのお仕事がすきです。応援させてください。

 

どうしたらいい加減躁鬱がマシになるかな

 

これ聞く度刺さる。どうしたらマシになりますかね。躁鬱っつーか鬱なんだけど。

こんな時間まで起きてて、明日の仕事困るってわかってるんだけどなんとなく。ここ最近またなんかバタバタしてるみたいで。推しさんのことではない。

 

推しさんに対してはリア恋とかガチ恋とかそういうものではない。多分、これは絶対。

なんだろう周りからわたしガチ恋だとか思われてんのかな。身内じゃない人から。まあどうでもいいんですがそれは。でもほんっとうに恋愛感情的なものはない。

ただただ演技が好きで、演技に向かう姿勢が好きで、歌ってる姿が好き。あの人の仕事が好きだし仕事に対する姿勢が好きなんであってリア恋だとかガチ恋ではない。

 

ただ間違いなく偶像崇拝をして、それをガチ恋にしちゃってた時期はあった。その相手は今の推しさんではない。まじで違う。

若かったなーって思う。何もかも投げ出せるくらい好きだったし、実際投げ出してた。バカみたいだったなあ。

あの人しかいなくて、あの人のためならなんでもできて、あの人と少しでも一緒にいれたらなんだって我慢できた。なんだったんだろ、あのエネルギー。

一生好きだって信じてた。一生このひとのそばにいると思ってたしこんなダメなこの人をここまで愛せるのは自分だけだって信じてた。

ちょーーーばか。そんなことあるわけない。あるわけなかった。あんなに欲しかったすきだなんて言葉死ぬほど陳腐だったし、もらった瞬間だってこんなものなのか、って思ったし虚しかった。その三文字を貰うために生きてたはずだったのに実際に貰ったそれになんの意味もなくて、ただただ空虚だった。

死ぬほど好きだった人が、どうでもよくなった瞬間だったんだと思う。ひどいことをたくさんされて愛情メモリが自分でも気づかないうちに削られていってて、気づかなかったそれがその言葉で一気に突きつけられた感じだった。

 

なんだったんだろ、あの時の世界でいちばん好きだっていう感情。あの時はあんなに鮮明だったのにいまはその熱すら思い出せない。

だから、愛情なんてどこにもないんだなと思う。自分のあれだけ信じていた愛情すらなくなったのを確かに感じたのでひとのなんてなおさら信じられる訳が無い。

あれが一方通行だったからだっていう人もいるけど、そうなのかな。わたしは好かれることも苦手。何も返せないのと、こんな自分を好きになるっていう時点で信じられない。何が好きなの?何を知ってて好きだって言えるの?こんなこと、全部知ったって好きになれるの?って思う。自分がめんどくさい。まじでめんどくせえ。

 

なんかもう彼に望むのはわたしの全部、返してくれないかなってこと。

全部持ってかれちゃった。あの4年間で。ひとかけらでもいいから返してほしいんだよね。わたしが悪いのはわかるけど、全部持ってかれて少し困ってる。

あなたを好きだった頃ってたぶんもう少し、人間らしかったはずなので。どうしたらいいんですかね。

あなたをすきだったころのわたしはどんな顔をして、あなたに会っていたのかな。

 

 

あの人にもはやひとかけらほども情がないので病むもクソももうないんだけど、ただただちょっと、空虚だ。

 

まあそんなわたしが推しさんを推してる時、コンテンツに触れてる時は楽しいと思えるのでありがとうございます。推しさんのおかげでなんとか生きてます。

年末年始とかくそほどメンタルがボロボロで、どうやって死ぬかしか考えられなかったけど結局推しさんのお仕事に救われてます。推しさんじゃないとこがガチ恋じゃないなって思う。ガチ恋じゃないって弁明してるみたい…逆にガチ恋とか言った方がいいかなあ……

 

 

つーかまあなんにせよメンヘラ悪化してんだけど。どうしたらよくなんの?